« お詫びです | トップページ | 罪の坩堝に堕ちるのみ »

2006年3月12日 (日)

時として、闇への扉に成り得る。

昨日、一昨日と迷惑掛けっぱなしですみません…orz
じ・・自分がとっても、なさけないです・・・。

今日はいっぱい書くぞ――!

という、意気込みだけで頑張ります。

  
  
どもー スッキです。
  
   


◇ちょっとテスト。
今日は、画像Upに朝鮮。違う、挑戦。

 
051221_142301_1

 
ふむ、出来たでしょうか。
これはグアム行ったときの写真です。
まぁ、テスト成功だったので、ちょくちょく載せたいと思います。 
   
  

   
   
 
 
 
◇顧問、怒涛の攻撃。
ちょっと前の話になるんですが。

技術で、電気スタンドを作る課題が出されました。
しかし、授業時間も少なく、終わってない人もたくさん出ました。

技術の課題が終わってない人は、放課後に残ってやることになっていたんです。
それで、私も終わってなかったので、部活を休んでいってたんですよね。

技術室に到着して、私の作品を探すと、  
  
   
 
   
ない。

  
 
 
なかったんです。
ちょっと一瞬、
 

( д)゜゜アチャー
  

ってな感じになりましたが、そこは冷静に我慢。
まぁ、まだ先生も来てなかったので、
『先生に聞けば分かるだろう。』

と思ってました。


しかし、
  
思ったよりも、先生の到着が遅かった。
30分たってもこないじゃないですか。
よりによって、こんな日に職員会議やらなくても。

 
暇だなー。。。と油売ってたところ


『ねぇ、スッキーここわかんないから、やってくれない?』

と、友達からお手伝いの依頼が。
私は、暇だったのでやってあげることに。
まぁ、技術系は得意だったので、苦もなくなったのですが。

『ちょっとスッキー、電気つかないんだけど―』

『ねぇねぇ、ここってくっつけるのかな?』

『ここどうなってんの!?ちょっとスッキやってー。』


   

おいおいおいおい、自分でやれよ君達。
  
   
  
何で頼るんだよー!と、愚痴愚痴言いつつ、やってたんですけど。


『はぁ?お前グローランプついてねぇし!』

『ここは、はんだでくっつけるんだよー』

『ここ、保護してるゴムをニッパーで切るんだよ!』


と、自分のことはほっぽって、大忙し。
みんな、はんだ付け苦手なんですか。
というか、授業聞いてるのか君達は。

なんだかんだで働いてたんですよ。
そしたら、  
  
『あ、先生来たー。』

という、救いの声が。

(まじでー!やったぁー!先生ー・・・)

 
  
なんで顧問までついて来てるんですか。
 
  
 
課題終わってない人で、私と同じ部活の人が多かったんですね。

えっ?
監視ですか、
監視ですか、
監視ですか?

ちょっと、本当にビックリしましたが、私は悪いことしてなーい。
なので、黙々と友達の作業を終わらせようとしてたんですが、
  


顧問『なんだ、Kは、スッキにやってもらっているのか。』

K『てへ、そうでーす。』

技術の先生(ヒデミ)『ははは、スッキは優秀だね。』

スッキ(うわ、なんか気が散る、顧問帰ってぇぇぇ。)

顧問『スッキは自分の終わっているのか?』

スッキ『え、いや、やるためにここに来たんですけど、自分のないっぽくて。』

顧問『ふぅ~ん。』

スッキ(ふぅ~ん。って・・・)

K『つか、見つかったの?スッキのやつ。』

技術の先生『あーあー、あれは私が持ってたわ。』

スッキ『うわ、先生酷い。私の拉致りましたね。』

技術の先s(ry『拉致っただなんて、人聞きの悪ーい!!!』

スッキ『冗談ですって。本気にしないでくださいよw』

顧問『とりあえず、スッキ以外は役に立ってないのか。』

スッキ『いや、私は手伝ってるだけで・・・』

K『まぁ、みんなやってないことには変わりないかもよww』

スッキ『つか、みんなの終わったから自分のやるわ。』


   
  

  
~作業終了~
  
   
    
 

スッキ『終わったー・・・じゃあ部活行きまーす。』

顧問『もう部活終了時間だぞ。』

スッキ『うわ!最低!つか先生いつまでいるんだよ!』

 顧問技術室から退場

スッキ『シカトかよ・・・』

K『どんまいw部活行くの?』

スッキ『いちよう・・・』


  
で、こんな感じでその日は終わったんです。
まぁ、問題は翌日の顧問との対話だったんですよ。

  
給食後に、職員室に用があったので行くと、
ばったり顧問と遭遇。

スッキ『こんにちはー。』

顧問『あ、スッキ。』

スッキ『はい?』

顧問『お前昨日、技術室にいたよな。』

スッキ『あー、はいはい。』


次の一言で、ちょっとどころか、激しくビックリしました。


  
顧問『お前さ、昨日みたいに校内フラフラしてるんだったら、部活こなくていいや。
  
    
   
   
  
スッキ『・・・・・・・・・え?』


   
   
え゛ぇ゛ぇぇっ!???
  
   
    
ちょっ まっ せんせぇっ

何でっすか?

  
昨日は自分のがないから、作業できなかったんですって。
私のを技術の先生が持ってたって、バリバリ聞いてたじゃないですか。
それで、時間が余っていたから、友達の分やってたんじゃないですか。

スッキ『え?な・・・え?』

顧問『だから、部活こなくていいって言ってるの。』
   
   
    
スッキの内心(先生そんな殺生な。

  
  
謎な発言ですよ。
先生、私に恨みでもあるんですか。

いたって私は、無実ですYO!
部活はちゃんと行きますZE!
  
結局迷宮入りになりそうな予感。
  
   
   

  
  
 
 
では、今日はこのくらいで。
  

|

« お詫びです | トップページ | 罪の坩堝に堕ちるのみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44020/1008558

この記事へのトラックバック一覧です: 時として、闇への扉に成り得る。:

« お詫びです | トップページ | 罪の坩堝に堕ちるのみ »