« 真っ白 | トップページ | 脳内感染 »

2006年2月 8日 (水)

あー 空は何故青いの

今日はとっても夕焼けが綺麗でしたー。
なんとなく空見上げて
『あー 一度でいいから空って飛んでみたいね。』
と友人に言ったところ

『いや 無理だろ。』


みなさん、人の夢と書いて儚いと読むんですよ。


どもー スッキです。


◇紙スプーン
今日、給食でゼリーがでました。
それで、紙のスプーンがついてくるんですね。
平べったい紙を山折りにすると、あーらビックリ、スプーンに。

そんな便利なスプーンなんですが。
そのスプーンを異常に嫌っている友人がひとり。
なぜかと云うと、

『あの舌に触った瞬間のザラッって云うのが不快。』
なんだそうです。

どうも、それには共感できなかったですね。
だったら黒板引っかいたときの音の方がよっぽど不快度指数100%超のような。

しかし、実を云うと私も紙スプーン、あんまり好きくないです。
だって、ゼリーが凍ってるんですぐ折れちゃうんです。
正直不便です。

でも、紙って云っても画用紙くらいの硬さはあるんですがね。
うーん・・・強度に改善の余地ありのような。

それともゼリーが異常に凍っているのか。


  


◇慣れない言葉は口にしてみよう。
今、社会の授業でEUについて勉強しています。
EUとは、ヨーロッパの国でなんかの連盟に加盟している国々なんですが。
はい、曖昧ですみません。
それでですね、何処かの国の『イェリバレ』と云う都市がでたんですね。

ちょっと口にしてみてください。

イェリバレ

言い辛くありません?
私的には凄く言いづらかったんですね。

『いいい・・イエリバレ?ん?イ ェ リバレ? うーん、言い辛い。』
こんな感じで噛みまくり。
しかしふと思いました。

『あ、イェ ってイェーイ☆とか言うとき使うじゃん。』

あぁ何で気付かなかったんだろ、あほだ。
といって自己満足。

しかしその安堵感も束の間でした。

隣に
『イェ イェ イェ イェ イェ イェ イェ イェ イェ イェ』

と繰り返している男の子を発見。
エンドレスに、呪文のように、一心不乱に唱えつづける少年がそこに。

正直もの凄く恐かったです。


なんでそんなにリピートし続けるのか、勇気を振り絞って聞いてみましたよ。


スッキ『ど・・どうした?;』

少年A『ん?・・・あぁ、なんかさー イェって日本語であんまし言わないからさー。おもろいなーって。』

スッキ『だからなんだよwお前の呪文で呪われた奴、絶対一人はいるって。』

少年A『そう?死にはしないんじゃん?』

スッキ『そうですか・・・』


  

その後も授業終了まで、少年がリピートしていたのは言うまでもない。


さて長くなってしまったので、今日はここらで。
明日の更新は遅いです、すみません。

では、失礼致します。

|

« 真っ白 | トップページ | 脳内感染 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44020/649192

この記事へのトラックバック一覧です: あー 空は何故青いの:

« 真っ白 | トップページ | 脳内感染 »